マーケティング

【BOTCHAN】LTV最大化をブランド体験の向上を通じて実現したBXプラットフォーム

ECサイトを運営するにあたり、「新規獲得効率が下がってきた…」「商品は良いのにLTVが上がらない…」「フォーム改善をしたいが、改善するべきところが可視化できない…」といった悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

また、改善策を打ちたくてもカートに依存してしまうといったケースが多いですが、その悩みを一気に解決できるのがBXプラットフォーム「BOTCHAN(ボッチャン)」です。

「BOTCHAN」は、消費者および企業のLTV最大化を、ブランド体験(Brand Experience)の向上を通じて実現する“BXプラットフォーム”です。些細なきっかけをキャッチし、データを分析。顧客に最適にアプローチし、インタラクティブなブランド体験を創出することで理解を深め、ファン化を推進します。

今回は「BOTCHAN」の開発会社である株式会社wevnalの代表取締役 磯山 博文さんに会社設立の経緯やサービスについてお話を伺いました。

BXプラットフォーム「BOTCHAN」の3つの特徴

BOTCHANには以下3つの特徴があります。

  • CVR・LTV最大化に役立つシナリオを作成
  • データや会話ログに基づくシナリオ改善をサポート
  • リーズナブルな料金体系

それぞれについて説明します。

 

CVR・LTV最大化に役立つシナリオを作成

BOTCHANは、創業から10年以上にわたるデジタルマーケティングの蓄積データから、各業界やサービスに合わせて最適なシナリオを作成しています。

500社を超える導入実績に対し、1社あたり4~5シナリオのPDCAを回しており、デジタルマーケティングのノウハウが豊富なので、初めて利用を検討する企業でも安心して導入できるという点が大きな魅力。

CVRの向上だけでなく、アップセルやクロスセルの促進によってLTVの最大化が実現可能です。

 

データや会話ログに基づくシナリオ改善をサポート

BOTCHANは、データ分析・レポート機能も充実。

ユーザーによる項目ごとの回答率や回答内容はデータとして記録され、レポートにまとめられるので、ユーザーの離脱ポイント等を詳細に分析することが可能です。

また、それらのデータをもとに、カスタマーサクセスチームがCVRを効率的に改善するためのサポート支援を行ってくれます。

他社サービスでは、サポートの回答に時間を要してしまうこともありがちですが、BOTCHANなら、迅速な対応が可能です。

また、定期的なプッシュ型の改善提案や、修正は無料で対応してもらえるなど、サポートが手厚いというのも利用時の大きなメリットといえるでしょう。

 

リーズナブルな料金体系

BOTCHANでは、数多くのクレジットカード決済代行会社と連携。ショッピングカートと後払いはどちらも対応可能です。

また、Pardot、SATORI等のMAツール、HubSpot、Zoho、SalesforceなどのSFA/CRMツールとも連携が可能。

さらに、GoogleAnalyticsなどの計測ツール、Twitter、LINEなどのプラットフォームとの連携も可能なので、詳細なデータ分析に利用できるだけでなく、ユーザーがよく利用するプラットフォーム内でBOTCHANを活用することもできます。

このように、他社サービスと比較しても連携機能が充実しているので、BXプラットフォーム「BOTCHAN」を導入すれば決済フォームとしての機能以外にもマーケティングに役立つ機能も同時に複数利用できるというのが嬉しいポイントになります。

この記事のプロダクトについて、もっと知りたい方はこちら

 

【開発会社インタビュー】株式会社wevnal 代表取締役 磯山 博文さん

<プロフィール>
1985年生まれ茨城出身。2008年新卒で大手インターネット会社に入社、新規事業の立ち上げなどを行う。2011年新卒時代の同期と共に株式会社wevnalを創業し、代表取締役に就任。

会社設立の経緯について

はじめに、磯山社長の自己紹介と会社設立の経緯についてお話を伺えますでしょうか?
はじめまして。wevnalの磯山と申します。どうぞよろしくお願いします。

弊社は2011年の4月に設立した、12期目の会社です。設立当初は、デジタルマーケティングを中心に事業を行っており、SNSの広告を中心に成長してきた会社です。直近はBXプラットフォーム「BOTCHAN」というサービスを開発・提供しておりまして、2021年の9月に約6億円の資金調達を行い代理店から事業会社への変革を行っているところです。
2011年のご創業ということですが、磯山社長のそれまでのご経歴、どのような思いで会社を作られたかについて教えて下さい。
2008年に新卒で入社したのが大手のインターネット企業です。

そこで、まるまる3年ビジネスを行いまして、新規事業の立ち上げなどを行っていました。その後、2011年の4月に新卒時代の同期3人で設立したのがこのwevnalという会社になります。

クレジットカード決済までできるチャットフォーム「BOTCHAN」

「BOTCHAN」の概要について教えて下さい。
サービス内容としましては、 チャット内で決済ができるチャットフォームサービスになります。現在D2Cの企業様を中心に、とても多くの企業様にご利用いただいています。

また、チャット内で決済ができる「BOTCHAN Payment」だけではなく、会員登録や来場予約などに利用できる「BOTCHAN EFO」、消費者の継続を促進できる「BOTCHAN Keeper」なども展開しており、それらをプラットフォーム化しBXプラットフォーム「BOTCHAN」と呼んでいます。
「BOTCHAN」の特徴についてお伺いしてもよろしいでしょうか?
BOTCHANの特徴の1つ目は、業務改善ではなくお客様のLTV向上を支援するチャットフォームという点です。2つ目は、チャット内でそのままクレジットカード決済ができるという点です。

そして3つ目は、マーケティングのファネルに対して、集客からお申し込み、その後のアフターフォローまでをワンストップで提供ができるようなサービスになっているという点です。

カゴ落ちやユーザーの離脱を防止し購入に繋げるサービス

どのような方が「BOTCHAN」をご利用になられるのでしょうか?
DtoCの企業様を中心に提供させていただいておりまして、カゴ落ちやユーザーの離脱を防ぎながらお客様の売り上げ向上ができる、そんなサービスになっています。
ご利用者様に傾向などはございますでしょうか?
やはり月間でお客様からのお申し込み数が多い企業様が多いです。
基本的には大体月間で3000コンバージョン、要は3000個の商品を売っているような企業様であれば、我々のサービスを導入いただいた後に効果実感を体験いただけるので、主にそのような企業様を中心に提供させていただいております。
いくつかプラットフォームの中にプロダクトがありますが、一つだけという訳ではなく、すべて導入してご活用いただくケースが多いのでしょうか?
そうですね。まずは購入率を上げたりユーザー様のストレスを軽減していくBOTCHAN Payment・BOTCHAN EFOが、我々のメインプロダクトになるのでそこから導入いただく場合が多いです。

その次のフェーズとして、前後のユーザー様が離脱するタイミングで、例えばお客様に診断をしたり、LINEで継続的なコミュニケーションをとらせていただくというような、前後のサービスを連携している企業様も多いです。

また、購入後の継続・解約ファネルでは、今まではコールセンター等で対応することが多く、さらにはかなりのコストが払われていたという状況のマーケットだったのですが、一次対応をチャットフォームですることによって、 ユーザー様のストレスをなくし、かつ継続率を上げていくということができる為、お客様の売り上げの最大化、ないしはLTVの最大化支援していきたいと思っております。
プロダクトを導入される際のサポートなどで力を入れている点などはありますか?
我々が元々、デジタルマーケティングを中心に事業を行なってきたため、どのように集客をしてどのようなクリエイティブでユーザー様を企業様のページに誘導していくか、そうすることでどう売り上げを上げていくかというような、集客・マーケティングのノウハウもございます。

それらのノウハウを元に、どういうサービス設計をしたらいいのかについては、企業様の課題をヒアリングさせていただいた時に導入のタイミングで色々お話をさせていただいています。

その中で、企業様の売り上げを上げていくためにはどのような順番でかつどのようなスピード感でやっていくかなどの一種のコンサルティングのようなものは、他の企業様では対応できないような体制が取れているかなとは思っています。

ユーザーのストレスや離脱を軽減し売り上げUPへ

ご利用者様の導入前の課題と導入後の効果について教えてください。
D2Cの単品リピート通販という領域が導入企業様の中心になっているんですけれども、その中でも業種としてはスキンケアであったり、ヘアケアなどといった美容サービスを提供されている企業様が多いです。

集客に数千万、数億円の広告費をかけていらっしゃる企業様も多くいらっしゃるのですが、企業様に共通した課題として「集客したけどユーザーが途中で離脱してしまう」というものがあります。

基本的には7割のユーザー様がカゴ落ちしてしまうという状況なのですが、我々がインタラクティブなコミュニケーションをとりながらチャット対応や接客をすることによって、ユーザーのストレスを軽減して離脱ユーザーを減らすことができました。その結果、売り上げの向上に結びついたという企業様が多いです。
美容系の他にも何かございますか?
健康食品、スキンケア、ヘアケア、シャンプー、最近はオーラルケアを扱われている企業様にもご導入いただいております。

コロナ禍でオンラインへのシフト、今求められるサービスとは

コロナ禍の影響を受けて、何か変化はありましたか?
我々はずっとデジタルマーケティング領域にいるのですが、事業的にはコロナは追い風だったかなという風に思っています。広告の出稿量でもオンラインへのシフトが大きく変わってきましたし、その中でもユーザーの離脱やストレス軽減みたいなところに対するニーズが増えていたり、そういったところをお客様が求めているというのは肌感でも非常に感じました。

今後コロナが落ち着いたとしても、オンラインへのシフトは大きいトレンドになってくると思いますので、オンラインの広告費をより効率的にかつ、より生産性の高いものにしていくためにも、集客して終わりではなく集客した後に接客をする。

そして、ユーザー様がしっかりとお申し込みまでストレスなく行えるように伴走するという市場やマーケットのニーズは今後もどんどん増えていくかなとは思っています。
今後の展望について教えてください。
現在、お申し込みのタイミングでお客様のコンバージョンレートを改善するBOTCHAN Payment・BOTCHAN EFOというサービスを中心に提供させていただいているんですけれども、我々はブランドエクスペリエンスプラットフォームという形で、このBOTCHANのサービス自体を再定義させていただいております。

いわゆる広告の集客、商品の理解、比較検討、お申し込みからアフターフォローまでをワンストップで提供し企業様のブランディング支援をすることで、ユーザー様とのマッチング具合を高めて行くことが可能です。

そしてLTVの最大化を支援させていただく、このようなサービスにしていきたいと思っています。

生産性を上げることに課題を感じている企業様へ

BOTCHANの活用を検討中の方、また現在利用中の方に向けてメッセージをいただければと思います。
マーケティング業界は基本的に今まで集客を最大化するマーケティングが中心でした。いわゆる獲得のコスト-CPA-をどうやって安くするかというところを中心に、ビジネスがまわってきたというのが、今までのマーケティング手法だと思います。これからはコロナも含めてですし、薬機法、景表法、ITP問題といった 課題も現れてきています。

そんな中で、獲得して終わりというところから、どれだけ継続的に企業様とユーザー様の関係性を構築できるかというマーケティングにシフトする必要があると考えています。マーケットとしても継続的にどうやってお付き合いしていくのか、ロイヤリティ向上していくのかというところが非常に大きな課題になってくると思いますし、注目されていくと思います。

我々BOTCHANはLTVを最大化し、顧客とユーザーのロイヤリティを向上していくところに特化したビジネスを展開していきたいと思っておりますので、生産性の高いマーケティングをしていきたいという企業様とご一緒できればなという風に思います。
最後に、伝えておきたいことがありましたら教えてください。
弊社では現在採用活動を積極的に行なっております。今我々はBXプラットフォーム「BOTCHAN」というサービスを提供していますが、元々広告代理店から事業会社に変更しているのが我々の会社の特徴であり、さらにその経験をもとにした弊社にしかできないサービスの根本であるという風に思っています。

直近では2021年の9月に資金調達をして事業をさらに加速させていただいています。採用に関しましては現状の人数から約2倍ほどに増やしていきたいという前提の計画をしております。少しでも興味を持っていただける部分があればぜひご連絡いただけましたら幸いです!

この記事のプロダクトについて、もっと知りたい方はこちら

この記事を書いた人

Tina

Tina

1990年生まれ、東京都在住のライター。 マーケティングオートメーションやSEO対策に関する記事を中心に幅広い分野の執筆を行う。 英語を得意としており、自身が運営するWebサイトでは英語学習に関する情報発信をしている。これまで10,000本以上を執筆。 現在はUP STORY編集部にてライター・編集に従事。

この記事をシェアする

  • faceook
  • twitter
  • line
  • hatebu
  • pocket

RELATED 関連記事

カテゴリー

「マーケティング」カテゴリー記事

【知っておきたい】ウェビナーの基礎!特徴やメリットな…

【CSブートキャンプ】食品ロスを削減!早期に業務設計…

【Synergy!】顧客満足度90%!ユーザーのCR…

【ネクストSFA】Webマーケティング&セールステッ…

【CSブートキャンプ】スタートアップ必見!CSの早期…

「営業・セールス」カテゴリー記事

【OPTIO(オプティオ)】サイトへ「なんとなく」来…

【MA担当必読】おすすめのマーケティングオートメーシ…

【Data Union(CDP)】多種多様な顧客デー…

【Cross Talk】直感的な操作と費用対効果の高…

【SELF for EC】商品解析&提案の自動化でC…

CONTACT

マーケティング、資金調達、ツール選定などのご相談のほか、本メディアへの感想やご意見は以下よりお申し込みください。

    氏名*
    会社名
    メールアドレス*
    日中ご連絡可能な電話番号
    お問い合わせ内容*