マーケティング

【Data Union(CDP)】多種多様な顧客データを収集・統合・分析し、一人一人の顧客体験を最適化するソリューション

CDP(カスタマー・データ・プラットフォーム)とは、多種多様な顧客データを収集・統合・分析し、様々な施策へ活用するための基盤を指します。個人情報保護の法規制が整備されていく近年において、次世代マーケティングにおける有効且つ効果的なソリューションとして多くユーザーに活用されています。

そんな中、注目を集めているのが、株式会社フリップデスクが提供する「Data Union(データユニオン)」です。

Data Unionは、クライアントが自社で保有するお客様(エンドユーザー様)の情報を1ヶ所で集め、分析をし、施策に活用する、といったマーケティング施策全般においてハブとなる役割を担います。

複数の施策・チャネルの情報を集約することで、施策同士を繋げ、相乗効果を引き出したり、過度なコミュニケーションになっている点に気づけるなど、マーケティング施策全体を俯瞰し、企業とユーザーの最適なコミュニケーションを実現することができます。

今回はData Unionを提供する株式会社フリップデスク 代表取締役社長の佐々木 忍さんにサービスについてお話を伺いました。

 

Data Unionの3つの特徴

Data Unionの3つの特徴について見てみましょう。

 

170を超える連携コネクタが標準機能として搭載

170を超える連携コネクタが標準機能として備わっており、デジタルマーケティング領域において、主要なツールの大半と、容易にデータ連携を行うことができます。

集客・分析・顧客管理・育成・ナーチャリング・離反防止など、様々な課題に対する打ち手とその効果を1か所に集約することで、施策同士を有機的に連携させ、より良質な顧客コミュニケーションを実現いたします。

 

AIの分析機能を活用し、ロイヤルカスタマー予備軍を検知

会員情報、購買データ、商品マスターをData Unionに読み込ませることで、初回購入時の傾向から、ロイヤルカスタマー化する期待値を算出することができます。これによりCRM/MAの施策を通じて時間をかけて育成した顧客コミュニケーションの時間を短縮することができます。

また、クーポンや割引が必要だったのか(割引があったから買った群/割引が無くても買った群)をあぶり出し、適切なマーケ予算の投下先を選定するといったご支援も行っております。

 

マーケティング施策全体を俯瞰して、最適化を図る

広告運用、ウェブ接客、チャットボット、ヒートマップ、顧客管理システム(例:セールスフォース等)、MA、LINEなどのメッセージングアプリなど、マーケティング活動を行う上で、複数のツールを導入し運用されているケースがほとんどです。

1つ1つの施策を良い状態にする部分最適は各部門ごとに進められますが、施策を横断して繋げ、1企業と1ユーザーとのコミュニケーションという観点で、全体を俯瞰して、良い状態かを確認できている企業は多くありません。

Data Unionでは、それを実現できるのはもちろん、どうあるべきかの要件定義から、初期構築、運用支援までを一気通貫で提供できる点も、特徴の一つだと考えています。

 

この記事のプロダクトについて、もっと知りたい方はこちら

 

【開発会社インタビュー】株式会社フリップデスク 代表取締役社長 佐々木 忍さん

<プロフィール>
2010年関西大学法学部卒業後、楽天株式会社へ入社。その後、SORABITO株式会社への転職を経て、株式会社ナディアへと籍を移す。事業開発部に所属し、チャットボットのサービス設計、拡販準備に従事し事業に貢献した。その後1年ほど経営企画に携わり、経営視点で業務を学び、2019年4月より株式会社フリップデスクの代表取締役社長へ就任。

多種大量のデータを収集し、統合・分析することで「深い顧客理解」をサポートする Data Union

プロダクトの概要を教えて下さい。
Data Unionという名称でサービスを提供しています。

CDPと呼ばれるソリューションで、クライアントが自社で保有するお客様(エンドユーザー様)の情報を1ヶ所で集めて分析をして施策に使う、そのハブになる場所を提供しています。
特徴を教えてください。
Data Unionの特徴は、「Treasure Data(トレジャーデータ)」というサービスを基幹システムに採用している点です。連携できるプロダクトの数が国内で最も多いのが理由になります。

会社様によっては、データをエクセルで管理していたり、Googleアナリティクスで数字を見ているなど、色々なプロダクトを使って日々業務をされていらっしゃる中で、どんな会社様であっても等しく課題を解決してあげたい、それを実現するために様々なサーバーを検討した結果、Treasure Dataさんが一番良いということで採択をしています。

散らばったデータを1ヶ所に集めるのが得意ですし、ほぼすべてのプロダクトと連携が可能なので、Treasure Dataが基盤であることは、世の中の会社様にとっても選ぶ理由になるんじゃないかと思います。

こちらを利用いただきたいターゲットはどのような方になるでしょうか。
一番わかりやすく貢献できるのは、既にTreasure Dataさんをご利用中の会社様です。うまくデータを活用できていない場合に、Data Unionであれば同じ環境内なので効率良くデータを渡すことができ、様々なアプローチも実現できます。

他には、ECサイトと実店舗と、それぞれのビジネスを展開されている会社様ですね。O2OやOMOと呼ばれるオンラインtoオフライン、ウェブサイトを見たお客様が実店舗に来たときに、ウェブの情報を店員さんがわかった上でコミュニケーションを取ることが可能です。

また、いつどの店で何を買ったのかという記録をウェブサイトの方にも情報を渡してあげることで、「あなたが今見ている商品は、以前訪問したお店に在庫があります」「今日試着して帰りませんか?」といったコミュニケーションが取れたりします。

ウェブのコミュニケーションとお店のコミュニケーションに一貫性を持たせたいという課題に関して、かなり良いご提案ができると思います。

散らばったデータをひとつにまとめ、顧客体験の向上を実現

お客様のよくある課題と変化のお話をお聞かせいただければと思います。
データが1ヶ所に集まっていないという課題をもつ会社様が多くいらっしゃいます。それぞれ別のツールでデータを管理しているので分析も別々になってしまいます。

僕らはそれを集めて分析をして、どの施策でどの情報を使うのか、何に使うためにどう集めるかといったコミュニケーションがとれるので、その辺の課題はわかりやすく解消できるかと思います。
今後の展望を教えてください。
今後の展望は、まだCDPの良さをご存知ではない方に知っていただく機会を積極的に設けていくことです。

我々は他にFlipdesk(ウェブ接客ツール)とCross Talk(チャットボット)という特徴的なデータを集められるツールをもっていますので、お客様が持っているデータと弊社が取得したデータをミックスすることでより深い考察ができます。ユーザー理解を深めた上で多方面でのデータ活用を支援していきたいです。

CDPで今まで「できなかった事」を「できる」ように支援していきたい

最後にData Unionを検討されている方へメッセージをお願いします。
まずお客様とどういうコミュニケーションを取りたいか、データをどう使いたいかをしっかり決めて、それを実現するためにどういうデータが必要かを、単純にサービスを提供するだけではなく、きちんと議論して一緒にビジネスを加速させるべきだと思っています。

私共は、ウェブ制作やオンラインの広告運用、呼び込んだ人をいかにコンバージョンまで誘導するか、チャットボットを使ってどう対応するのが良いかなど、かなり多方面のデジタルマーケティング領域でユーザーとのコミュニケーションがご提案できます。

CDPを使ってこれまでできなかったことを、できる状態にするためにご支援させていただきたいと思っております。

ですので、困り事や「こんなことやってみたいけどできる?」みたいなことがあれば、ぜひご相談やお問い合わせをいただけたらと思っております。

この記事のプロダクトについて、もっと知りたい方はこちら

この記事を書いた人

Tina

Tina

1990年生まれ、東京都在住のライター。 マーケティングオートメーションやSEO対策に関する記事を中心に幅広い分野の執筆を行う。 英語を得意としており、自身が運営するWebサイトでは英語学習に関する情報発信をしている。これまで10,000本以上を執筆。 現在はUP STORY編集部にてライター・編集に従事。

この記事をシェアする

  • faceook
  • twitter
  • line
  • hatebu
  • pocket

RELATED 関連記事

カテゴリー

「マーケティング」カテゴリー記事

【知っておきたい】ウェビナーの基礎!特徴やメリットな…

【CSブートキャンプ】食品ロスを削減!早期に業務設計…

【Synergy!】顧客満足度90%!ユーザーのCR…

【ネクストSFA】Webマーケティング&セールステッ…

【CSブートキャンプ】スタートアップ必見!CSの早期…

「営業・セールス」カテゴリー記事

【OPTIO(オプティオ)】サイトへ「なんとなく」来…

【MA担当必読】おすすめのマーケティングオートメーシ…

【Data Union(CDP)】多種多様な顧客デー…

【Cross Talk】直感的な操作と費用対効果の高…

【SELF for EC】商品解析&提案の自動化でC…

CONTACT

マーケティング、資金調達、ツール選定などのご相談のほか、本メディアへの感想やご意見は以下よりお申し込みください。

    氏名*
    会社名
    メールアドレス*
    日中ご連絡可能な電話番号
    お問い合わせ内容*